新宿区トップページへ
よくある質問と回答 > 担当課から探す > 学校運営課 > 牛込地区の学校適正配置の取り組み
よくある質問と回答
よくある質問
タイトル(要点) 牛込地区の学校適正配置の取り組み
本文 牛込地区の学校適正配置の取り組みを教えてください。
その回答
本文 津久戸小学校と江戸川小学校、富久小学校と天神小学校の適正配置をそれぞれ進めてきました。取り組み結果については、以下のとおりです。
・津久戸小学校と江戸川小学校
平成20年8月より、両校の適正配置の取り組みを進めてきました。しかし、35人以下学級の導入による普通教室の確保や、両校の通学区域内の未就学児の増加傾向など、教育環境の大きな変化に適切に対応する必要が出てきました。津久戸小学校・江戸川小学校統合等検討協議会において、統合の必要性がなくなったという合意に至った旨の報告を受け、平成23年3月30日の教育委員会臨時会にて、津久戸小学校と江戸川小学校の統合は行わないことに決定いたしました。
・富久小学校と天神小学校
平成20年8月より、両校の適正配置の取り組みを進めてきました。しかし、35人以下学級の導入や、未就学児の増加傾向など、教育環境の大きな変化に適切に対応する必要が出てきたため、平成23年5月の教育委員会定例会にて「教育環境検討協議会」を新たに設置することを決定し、「学校選択制度」、「通学区域」とともに「学校適正配置」の基本的なあり方についても検討していくこととしました。このため、今回の富久小学校と天神小学校との適正配置の取り組みは終了することとしました。
担当係・連絡先
教育委員会事務局学校運営課学校運営支援係
5273‐3640
関連ページ

意見を聞かせてください