新宿区トップページへ
よくある質問と回答 > 分野から探す > 新宿区について・お知らせ・計画 > 監査 > 住民監査請求の制度や請求の仕方
よくある質問と回答
よくある質問
タイトル(要点) 住民監査請求の制度や請求の仕方
本文 住民監査請求の制度や請求の仕方を教えてください。
その回答
本文 区の執行機関または職員の違法・不当な財務会計上の行為、もしくは怠る事実に対し住民から請求があり、その請求を受理した場合に、監査を実施します。 
【住民監査請求はどのようなものか】 
  地方自治法第242条により、区民の方が、区の財務に関する行為について監査委員に対し 監査を求め、必要な措置を講ずべきことを請求する制度です。 
 【監査請求ができるのはどのような場合か】 
  請求をすることができるのは、次にあげるような区の財務会計上の違法又は不当な行為により、区に損害を生じさせる場合です。
(1)公金の支出
(2)財産(土地、建物、物品など)の取得、管理、処分
(3)契約(購入、工事請負など)の締結、履行
(4)債務その他の義務の負担(借入れなど)
(5)公金の賦課、徴収を怠る事実
(6)財産の管理を怠る事実
 なお、上記(1)から(4)の行為が行われることが相当の確実さで予測される場合も対象になります。
 また、上記行為のあった日又は終わった日から1年以上経過している場合には、請求書の中で、正当理由を説明する必要があります。
【監査請求はだれができるのか】 
  請求できる方は、新宿区に住所を有する方です。区内に所在する法人も請求することができます。 
【監査請求は、どのような方法でするのか】 
  所定の書面(様式・記入例はホームページを参照)を作成して請求してください。
  請求の際には、違法又は不当とする行為の事実を証明する書面(公文書の写し、新聞記事など)を添付することが必要です。
  請求書は、監査事務局になるべく直接お持ちください。(郵送される方はご連絡をお願いします。)
担当係・連絡先
監査事務局
5273-4579
関連ページ

意見を聞かせてください